スポーツ障害、腰痛、膝痛について

スポーツ障害、腰痛、膝痛などでお悩みの方へ

スポーツ障害について

スポーツ障害について

スポーツ障害とは野球、テニス、日々のランニングなど、トレーニングの継続により力が加わり「痛みや動きの制限」が出ている状態のことです。

特に最近多いのが「ランナー膝」。


   最近は「マラソンブーム」により、走る方が増え、無理なトレーニングから「ランナー膝」をおこす方が増えています。
   ランナー膝は、マラソンなど走っている最中や走ったあとに起こる膝の外側の靭帯に起こる炎症です。
   これは膝の屈伸運動の繰り返しによって膝の外側を走る腸脛靭帯が膝の外側の骨と擦れ合って起こります。
   しばらくの間は走るとすぐに症状が出現してしまうので、安静が必要となります。

「ランナー膝」の治療方法。


   原則、安静が必要となります。
   膝や股関節の動きの改善、痛み付近の筋肉をほぐし、電気療法やテーピングなどで痛みを軽減させていきます。
   しばらくの間は走るとすぐに症状が出現してしまうので、安静が必要となります。

その他、部活動や趣味によるスポーツ障害の治療も行っております。


   ロッキー接骨院ではその他のスポーツ障害についても専門スタッフが治療を行っております。
   野球やテニス、ゴルフなどでの痛みでお悩みの方、是非当医院までご相談下さい。

健康保険を利用した治療が可能です!

自賠責保険を利用した交通事故の治療が行えます!

なぜ保健が使えるのか?
当院のスタッフは「柔道整復師」という国家資格を有しているので、保健の取り扱いを認められています。
当院スタッフのご紹介 保険治療の詳細はこちら

その他、腰痛、膝痛など日々の「痛み」でお悩みの方

施術の様子

日々の「腰痛」や「膝痛」などには骨格のゆがみや内臓疾患など様々な原因があります。
ロッキー接骨院では皆様の「痛みの原因」を探り、お一人おひとりにあった施術を行います。
ロッキー接骨院では「痛みの無料相談」受付中です!是非一度当院までご相談下さい!

慢性的な腰痛や膝痛の場合は自費治療となります。詳細はこちら





お気軽にご相談下さい!
Copyright(C) Rocky・Sekkotsuin All Rights Reserved.